素人ではわからない?悩んだ時はすぐ病院へ!

大学生の時に、彼氏にフラれて自暴自棄になって遊んでいた時期がありました。

その時に、遊び友達だった女友達がトリコモナスという性病にかかってしまった、と相談を受けました。

うつされたかもしれないリストの中にわたしも一度関係をもったことがある人が居たので、わたしも怖くなって病院へ行きました。

隣の市にあった優しい女医さんで有名なレディースクリニックで検査をしてもらいました。

そこはピルの処方や性病の治療で通っている人が多く、愛想はないけど、テキパキとした事務の方や、看護師さんばかりで、安心感はありました。

いい機会だったので、すべての検査を受けることにしました。

保険がきかないものもあり、費用は五千円を超えました。

採血と、膣の中の細胞を採取されました。

検査自体は30分以内に全て終わりましたが、結果は後日ということで、1週間後に病院へ行きました。

結果を待っている間に性器のところにぷつっと出来物ができていて、とても不安でした。

検査結果を聞きに行った日に、ついでに出来物について診てほしいと言うと、診察もしてくれました。

結果を聞く前に診察だったのですが、その時に、毛嚢炎だと言われました。

陰毛の毛穴にばい菌が入ってしまい、化膿してしまっていたそうです。

その場で膿を抜いてもらい、消毒をしてもらいました。

検査結果を恐る恐る聞くと、異常なし、とのことでした。

出来物もただの毛嚢炎だったし、本当によかったです。

それ以来、高かった検査費用にこりて、男遊びは控えるようになり、不安に思うこともなくなりました。

性病は免疫が低い時にかかりやすいそうなので、体調がすぐれないときはそうゆう行為も控える方が安全だな、と思いました。

自分の体は自分しか守れないので、ひとりで悩まないで病院へ行くのをオススメします。

安心はお金で買えます。

性病検査を受けてクラミジアに感染していることが判明しました

付き合って間もない男性とセックスをしてから1週間くらいした後、何だか体がだるくて尿を出すときにピリッと痛みがありました。

そのうちにおりものの臭いがきつくなって量も増えてきました。

子宮辺りが重く痛みがあったので、何かの病気かと思って婦人科に慌てて診察に行きました。

お医者さんの検診の後、クラミジアに感染している疑いがあるから性病検査をしましょうと言われました。

私は何が何だかわからずに取り敢えず婦人科の台の上に乗せられて、冷たい金具を膣に入れられたのを感じました。

「それでは綿棒で内部を採取します」とお医者さんが言うと、膣に綿棒を入れられて内膜の組織を採取されたようですが、膣の内部には痛みなどは特に感じませんでした。

ただひたすら感じたのは金具の冷たさと、お腹を圧迫する痛みに似た感じでした。

次に別の部屋でナースの方に血液を採取してもらいました。

目の前の机の上には小さなコップに液体が用意されていて、「これでうがいをしてください」と言われました。

喉にも違和感があったので、液体でうがいをさせられて喉の組織も採取されたようです。

お医者さんからは3日後に検査結果が出ますので、また来てくださいと言われました。

まさか性病検査で婦人科に行くとは夢にも思っていませんでした。

それから数日間は食事も喉を通らず、病気だったらどうしようと不安で仕方がなくて、自分の部屋に引きこもっていました。

3日後に再び病院に行ってみると、やはりクラミジアという性病に感染したことが判明して、抗生物質などのお薬が処方されました。

お医者さんは「最近では多い性病だからそんなに怖がらないでください、お薬できちんと治療しましょう」と涙を浮かべる私に優しく声を掛けて下さったのです。

性病は確かに放置しておくと恐ろしい病気ですが、最近ではよいお薬がありますので、体調に異変を感じたらすぐに検査を受けることをお勧めします。

彼の浮気相手の女性がクラミジアに・・・。はじめての検査は予想以上の恥ずかしさでした・・。

私は、クラミジアの性病検査をしました。

そのきっかけは、お付き合いをしていた(私はしていたつもりでした)彼が、実はフタマタをかけていたと告白され、そのもう一人の彼女がクラミジアだったということです。

私はもちろん彼一筋でしたし、とてもショックでした。

でもそんなことより、自分がクラミジアに感染しているのではないかと不安になりました。

彼が病院の診察代金を支払うというので、ついてきてもらいました。

インターネットなどで調べると、性行為等をきっかけに感染し、かゆみや痛み、不快感等が現れると書いてあり、不妊の原因にもなりえるという事だったので、すぐに近所の産婦人科へ行きました。

名前を呼ばれ、診察室に入ると、足を大きくM字開脚するような形になる椅子に座らされ、カーテン越しには、男性の医者がいました。

かなり恥ずかしく、もう身体に力が入ってしまいました。

私の膣の中に綿棒を入れて、膣内の粘膜の分泌液を調べるという検査内容です。

長い綿棒のようなもので、膣内の粘膜を取ろうとしているのが、下腹部の感覚でわかりました。

先生の顔は全く見えませんでしたが、男性ということで、抵抗があり、先生には何度も力抜いてくださいと声をかけられました。

3日ほどで、検査結果が送られてくると案内されました。

届く場所は指定できたので、実家の親にばれたくないという気持ちで、彼の家にしました。

検査結果は、クラミジアではありませんでした。

彼に検査費用を払ってもらい、そのあとは、さっぱりお別れをしました。

今は、自分で検査できるキットのようなものが販売されているようですが、やはり、病院の方が安心だなと私は思います。

しっかりした検査結果が出て、とても安心しました。

産婦人科は、今女医さんも多いので、気になる方は、ホームページなどを調べていってみるのもいいかもしれませんね。

風俗に関して

全国各地にたくさんの風俗があるのですが、やっぱり風俗というものは、男性にしてみればとてもありがたいはずです。

性欲を抑えきれないときに恋人がいなければ、当然風俗店を利用するのも候補になるでしょう。

その風俗ですが、風俗にはいろんな種類がありますよね?

例えば、セクキャバやピンサロ・ヘルス・性感エステ・ホテヘル・そしてデリヘルなどがありますが、あなたはどの種類がお好きでしょうか。

やはり、それぞれどれも多くの魅力がありますが、中でも最近はデリヘルが勢いがある感じかもしれません。

デリヘルであれば、わざわざ風俗店に行かなくてもいいですし、電話をすれば女の子が来てくれるためにすごくありがたいですし、時間のロスもほとんどないのもいいと思います。

あなたは風俗を利用するときに、どういったプレイをするのがお好きですか?

風俗ではけっこうオプションも充実しているので、コスプレや玩具を使ったプレイなどもすることができますし、様々な楽しみ方をできます。

そのために、飽きることなくすごく楽しいですよね。

さらに、デリヘル店には若くてかわいらしい女の子もたくさんいるので、デリヘルを利用すれば素敵な女の子と楽しい時間を満喫できるでしょう。

もちろん、風俗はそれなりに利用料金もかかるのですが、それでも性欲を解消することもできますし、かわいい女の子にサービスを受けられるので、本当に魅力的だと思いませんか?

東京や大阪といった場所であれば、かなり多くの風俗店があるので、あなたの好きな風俗店を探してみるのもいいかもしれません。

お気に入りのお店で素敵な女の子を見つけることができれば、また一つ楽しみも増えますよね?

風俗には数多くのロマンがあるので、利用して損はないでしょう。